perio Blog

2012年1月27日 金曜日

バイオフィルムの除去が歯周病予防のポイント 天白区コンドウ歯科

歯周病は、細菌によっておこる感染症です。単体による細菌ではなく、複数の細菌が集まってできるバイオフィルムが歯周病感染症を引き起こす原因です。
バイオフィルムとは、粘性のあるフィルムで、その中に複数の種類の細菌が共存して複合体を形成し、固体の表面に付着した状態のものの総称で、細菌が共同生活している集合体のようなものです。水で流しただけでは取れず、こすり洗いしてようやく取り除けるほど強固に付着しています。

バイオフィルムの除去方法
1. ハミガキ
ブラッシングをきちんとすることで、ハブラシの毛先でバイオフィルムを除去することができます。バイオフィルムが付着している歯の付け根、つまり歯と歯ぐきの境目にきちんと毛先を当てて、毛先の細かい動きで物理的にバイオフィルムを剥がし取ることが重要です。適切なブラッシング指導を受け、セルフケアを上達させることもポイントです。
2 歯石を除去、スケーリング、ルートプレーニング
歯科医院での定期的な清掃も必要です。歯にこべりついた歯石を除去して、歯根面に付着したバイオフィルムを除去するためにスケーリングやルートプレーニングをします。ポケット内は、ハブラシでは除去困難です。
3. PMTC
 PMTCとは、歯科医師、歯科衛生士などのプロによる器械を用いた清掃のことです。
歯の表面を専用のブラシで清掃して磨き上げ、バイオフィルムを付着しにくくするPMTCなども効果が高いです。

バイオフィルムの除去は、1回やれば終わりでなく、定期的に取ってやることが、歯周病予防には大切なことです。

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

2012年1月17日 火曜日

歯周病を手術で治す歯周外科 名古屋市コンドウ歯科

歯周外科とは
歯周基本治療で除去できない炎症部分を外科的に除去します。フラップ手術、歯肉歯槽粘膜形成術、歯周組織再生療法などを行います。
歯周病の局所的原因因子が細菌性プラークであることが明らかになっています。このプラークを除去することが歯周病治療の基本です。
歯周外科治療の目的
1. プラークコントロールを容易にするためポケットの除去、改善を行う。
2. スケーリング&ルートプレーニングでポケット内部の到達が困難で取り除けなかった歯石などを除去する。
3. 歯肉の形態、歯周組織の生理的形態を整える。
4. 歯肉の付着位置(アタッチメントレベル)を維持する。
取り扱う部位
1. 歯肉・歯根膜などの軟組織
2. セメント質・歯槽骨などの硬組織

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

2012年1月 9日 月曜日

歯周病のセルフチェック 天白区のコンドウ歯科

歯周病は、目に見えない歯肉の溝の中に起こり、気づかない内に進行してしまいます。
下記ような症状がひとつでもある人は程度の差はあれ、歯周病かも?しれません。すぐに検査を受けましょう。
□ 朝起きた時、口の中にネバネバ感がある。
□ ブラッシングの時に血が出る。
□ 口臭が気になり、口がくさいと言われた。
□ 歯肉がむずがゆい、痛い。
□ 疲れたり、寝不足の時に歯がうずく。
□ 歯肉が赤く腫れている。(健康的な歯肉はピンク色でひきしまっている。)
□ 歯と歯の間にものが挟まる。
□ かたい物が噛みにくい。
□ 歯がぐらぐらしてきた。
□ 冷たいものが歯にしみる。
□ 歯が長くなったような気がする。
□ 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。 

また、次の方は、歯周病のリスクが高くなるので注意して下さい。
□ 歯並びが悪い方。(プラークが残りやすい。)
□ 糖尿病の方。歯周病と最も関連の深い病気です。)
□ タバコを吸う方。ニコチンは血管を収縮し炎症の修復を悪くします。ヤニはプラークをつきやすくします。)
□ 40歳以上の方。(免疫力がだんだん低下してきます。)
□ 妊娠中の方。(歯周病にかかりやすい。)

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

2012年1月 4日 水曜日

プロービング時の出血 天白区コンドウ歯科

歯周病検査の一つです。プローブとは、歯周ポケットの深さを測定する道具で、先端に目盛りが付いており、深さが何ミリか測定できます。その測定時にある出血の事を、プロービング時の出血BOP bleeding of probingといいます。出血すれば、歯周ポケット内に炎症が存在する事を示します。
歯周病の病変は、一般的には歯肉縁部より根端側方向に進行します。つまり歯肉に存在する炎症は、浅いポケットの上部より、深いポケットの底部に向かって波及していきます。
1. 浅いポケットの場合、炎症は歯肉の表層部にあります。ポケットの辺縁部をプローブで触知すると出血します。
2. ポケットが深くなると、付着の喪失している部位の炎症は、歯肉の辺縁部ではなく、深いポケット底部のプロービングで触知して出血が確認できます。
このように、ポケット壁を静かにプロービングする事により、どの部位に炎症があるかが分かるのです。

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ