perio Blog

2012年3月27日 火曜日

歯肉炎が歯周炎に進行する要因とは

歯肉炎は、プラーク細菌が歯肉辺縁に付着すると起きます。すなわち、初発因子はプラーク細菌なのです。歯周病が進行するに従って、炎症部分が出血しないように、なでるようにみがくため、ますます歯周病を悪化させることが多いようです。しかし、さらにいろいろな要素が関係していると考えられています。
歯周炎はすべての歯肉炎が歯周炎に進行するわけではなく、歯肉炎のまま長期間存在する場合があります。
歯肉炎が歯周炎に進行理由、進行しない理由はまだ十分に解明されていませんが、現在次のような因子が関連しあって、歯周炎が発症し、進行すると考えられています。
1. 病原性細菌の存在(初発因子)
 ・数量の増加(細菌を増加させる因子が関与している。)による。
 ・病原因歯(毒素、酵素、走化性物質、抗原など)の強さ、活性度による。
 ・組織内への侵入能力による。
2. 宿主の応答(宿主因子、全身性因子)
 ・遺伝
 ・リスクファクター(宿主応答を変化させる。)
 ・全身疾患、悪習癖(喫煙)、生活習慣、栄養
 ・ストレス、社会的因子
 ・咬合異常、咬合性外傷

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

2012年3月20日 火曜日

若年性歯周炎とはどんな病気? 天白区コンドウ歯科

思春期頃に発生して急速に進行する歯周炎という病気です。1999年にAAP(アメリカ歯周病学会)により発表された歯周疾患の最新分類では、「侵襲性歯周炎」に分類されています。
原因
特殊な細菌Aggregatibactor actinomycetemcomitansが、関与している可能性が高いと言われています。プラークや歯石は少ない。まれな難治性の疾患です。家族の中に同じような症状がみられることがあります。
分類
1. 局所型  第一大臼歯と中切歯に発生して骨吸収が著明であります。
2. 全顎型  全顎的に生じるもので、局所型が進行したものと考えられています。
治療法
プラークコントロールを行い、通常の歯周病の治療であるスケーリング・ルートプレーニング、歯周外科治療をします。
薬物(抗菌剤・抗生物質)による治療が有効となる場合もあります。

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

2012年3月11日 日曜日

慢性歯周炎の進行 天白区コンドウ歯科

歯周炎とは、プラーク細菌によって生じた炎症性の破壊が、歯肉から深部の歯槽骨や歯根膜に及んだものです。症状は、付着上皮の根尖側移動、真性ポケット形成、アタッチメントロス、歯槽骨の破壊吸収がみられます。
慢性歯周炎とは?
慢性歯周炎は、以前は成人性歯周炎とも呼ばれていました。
局所因子(プラーク)による歯周組織の破壊が、全身因子によって強く修飾されていない歯周炎のことで、慢性にゆっくりと進行します。成人に見られる歯周炎は、ほとんどがこれに属しています。しかし、為害性の強い特殊な細菌、咬合性外傷、全身疾患などが加わると、急性に進行する場合があります。
1. 軽度慢性歯周炎
軽度の歯周炎で、骨吸収は歯根の長さの1/3より少なく、歯周ポケットは3~5mm、根分岐部病変はなく、歯の動揺度の増加もない。
2. 中等度慢性歯周炎
骨吸収は歯根の長さの1/3~2/3、歯周ポケットは4~7mm、:軽度の根分岐部病変も含む、歯の動揺度は軽度(1度)に増加する。
3. 重度慢性歯周炎
骨吸収は歯根の長さの2/3以上、歯周ポケットは6mm以上、:根分岐部病変2~3度を含む、歯の動揺度は軽度(2~3度)に増加する。

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ