perio Blog

2012年4月30日 月曜日

タバコを吸っている人は歯周病になりやすいんですか?

「イエス」です。タバコは、歯周病の重大な危険因子(リスクファクター)のひとつです。
歯周病は、歯と歯肉の境目に付いた歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯肉が炎症を起こし、歯を支えている骨が破壊されていく病気です。もちろん主原因は歯垢ですが、タバコ中のニコチンによって歯肉への血液の流れを悪くし、抵抗力のない脆弱な歯周組織へと変化してしまいます。そのため、たばこを吸っている人は、歯周病になりやすいのです。

一般にタバコを吸う人は、吸わない人に比べ3倍も歯周病にかかりやすく、また2倍も多く歯を失っているという報告があります。また喫煙本数と比例して歯周病が重症化するという事も分かっています。

タバコが歯周病を悪化させてしまう原因
1. ニコチンによる血管収縮
ニコチンは一種の神経毒で、歯周組織の血流を悪くします。 歯肉に酸素や栄養を供給するのに大切な血管が、タバコのニコチンにより収縮してしまいます。
2. 免疫機能の低下
ニコチンは体を守る免疫の機能も狂わせます。 歯周病菌と戦う白血球の機能が低下してしまい、病気に対する抵抗力が落ちたりアレルギーが出やすくなります。
3. 線維芽細胞の抑制
 歯肉を修復し、傷を治してくれる線維芽細胞の働きが抑制される。
4. 酸素欠乏
タバコの煙の一酸化炭素はヘモグロビンと結合するので、歯周組織を酸欠状態にします。歯と歯肉の境目にある溝の中の酸素が不足し、酸素が大嫌いな歯周病菌にとって繁殖しやすい環境を作ってしまいます。 

喫煙者の歯周病の特徴
タバコを吸う人は、「炎症症状が少ない。」「発見が遅れる。」という特徴が現れます。炎症症状が現れにくいために、自分で歯周病の進行に気づきにくいのです。自覚症状が少なくても歯周病はどんどん進行し、歯周組織(歯ぐきと歯を支える骨の部分)の破壊が進んでしまうのです。
1.  歯ぐきの腫れが少ない。
2.  ブラッシング時の出血が少ない。
3.  歯周病になりやすく、歯周病が治りづらい。
タバコを吸っていると、歯周病になりやすいだけではなく、歯周病に罹ってしまった時の治療効果もでにくくなります。例え完治しても再発しやすいのです。また、ご自身だけでなくご家族や周囲の方の歯周組織まで弱ってしまいます。

喫煙者のその他の特徴
1. ヤニで歯が汚れる。凸凹しているので歯周病の原因のプラークが歯に付着しやすくなる。
2. 口臭の原因になる。
3. メラニンが沈着して歯肉が黒くなる。
 

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

2012年4月27日 金曜日

年をとると歯周病になるのですか?

答えは、「ノー」です。
歯周病の初発因子は、プラーク(歯垢)です。つまり、歯周病はプラーク中の歯周病菌により起こるのです。ご高齢の方でも、素晴らしい歯ぐきの方も大勢見えます。歯周病は不潔な(プラークコントールができていない)状態で長年生活をしてきた結果なのです。

ただし、年をとると様々なリスクが増すことも多いのです。

年をとった時の歯周病のリスク
1. 免疫機能の衰え
免疫機能が衰えると、歯周病菌などの感染に対して防御が弱くなります。
2. 全身疾患にかかる機会が増える
高血圧、糖尿病、骨粗しょう症などの全身疾患にかかる場合が多くなります。
3. 生活習慣、食生活の影響
不規則な生活や喫煙、食生活の偏りなど、若い時からの蓄積が出てくることがあります。
4. 歯並び、歯の摩耗
悪い歯並びで長年過ごしていると、清掃が悪い状態が続き歯周病のリスクが増します。また、長年の歯の摩耗により必要以上に歯周に負担をかけている場合もあります。

このようなリスクが気になる場合は、一度歯科医院に相談しましょう。

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

2012年4月19日 木曜日

歯周病のリスクファクター 名古屋市コンドウ歯科

歯周病(歯肉炎と歯周炎)の原因は、歯肉に炎症を初発させる「初発因子」と、炎症を生じやすくしたり、炎症を増悪させる「リスクファクター」に分類されます。
歯周病を初発させるのは、多くの研究から、「プラーク中の細菌とその生産物質」であることが明らかになってきました。

すなわち、プラークが歯周病を引き起こすもっとも重要な因子で、「初発因子」と言われています。
これに対して、プラーク以外の「炎症性因子」(歯列の凸凹している叢生、口呼吸、歯の形態異常など)は、プラーク細菌を増殖させたり、プラークを取り除きにくくしたり、細菌叢を変化させて、プラークによって初発した歯肉炎や歯周炎を増悪させます。これを「修飾因子」といい、最近では、「リスクファクター」と呼んでいます。

■ リスクファクターの種類 ■
A. プラーク増加因子

1. 食物の因子
軟かい、粘着性の食べ物はお口に停滞しやすいです。
2. 口腔内環境因子(清掃困難化因子)
歯石、歯列不正(叢生など)、口呼吸、歯冠・歯肉の形態異常、付着歯肉の狭小、小帯の異状、不良補綴物、食片圧入などは、ブラッシングを困難にして清掃不良になりやすくします。
3. 歯周ポケット
歯周ポケットの中を清掃するのは難しく、重度に深くなるほどより困難になります。
4. 口腔清掃の知識不足
口腔清掃の方法、タイミング、その部に最適な清掃道具などの知識が必要です。
B. 外傷性因子
外傷性咬合は、歯軋りや食いしばりなどの異常な咬合力により、歯周組織に咬合性外傷を引き起こします。
C. 全身性因子
全身性因子は、プラークに対する生体の反応に差を生じ、歯周組織破壊の進行に影響を与えます。

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

2012年4月13日 金曜日

歯周炎には、悪化期と静止期がある。天白区コンドウ歯科

歯周炎には、活動期で進行していく時期である急性悪化期と、病状が休止している静止期があります。
急性悪化期の症状が軽いと気が付かないことも多いのです。これを繰り返して歯周炎は進行していくのです。
■ 急性悪化期
急性悪化期には、痛みや腫れが強くなり、歯が動揺してきて噛みづらい状態になります。ポケットからの排膿や滲出物が著明で、炎症の急性化、骨吸収、アタッチメントロスが生じます。歯周病菌は、上皮や結合織、潰瘍形成部に侵入してきます。
■ 静止期
静止期には、炎症が修復されてきて症状が消退してきます。、肉芽組織の形成、線維症、瘢痕などがみられます。
これらの変化は、部位によって大きく異なることがります。部位特異的な進行と呼ばれています。

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

2012年4月 7日 土曜日

正常で健康な歯肉とは? 天白区コンドウ歯科

健康な歯肉の特徴
1. 歯肉の色は淡いピンク色をしています。
2. 歯と歯の間の歯肉は、引き締まった三角形をしています。
3. 歯肉は歯にぴったりとした感じでくっついています。
4. スティップリングがみられます。スティップリングとは、表面がミカンの皮の表面のように細かい窪みのブツブツのことです。

組織学的特徴
正常な歯肉は、体積的にはその48%が上皮であり、52%が結合組織です。
1. 浅い歯肉溝があり、歯肉溝上皮は角化していない。
2. 外縁上皮は角化して、上皮突起が発達している。
3. 接合上皮はヘミデスモソームでエナメル質に付着し、上皮細胞の層は薄く、上皮突起はない。
4. 上皮下結合組織には、コラーゲン線維(歯肉線維)がよく発達して血管は扁平である。
5. 臨床的に正常でも、組織学的には好中球を主体にごく軽度の細胞浸潤がみられる。
6. 歯肉溝浸出液は、ごくわずかである。

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ