perio Blog

2012年5月18日 金曜日

歯周病で行う噛み合わせの調整とは?

歯周病が進行すると、歯の周りの支えとなる骨が溶けます。支持をなくした歯は、咬み合わせが悪くなり、特に一部分だけ突出した噛み合わせを作ることがあります。これを早期接触と言い、歯に強い負担をかけてしまうようになります。
咬合調整は、早期接触の部分を削合することにより、外傷性咬合を取り除き、咬合性外傷を治す治療法です。

■ 咬合調整の目的
1. 歯周組織への外傷性咬合を軽減する。
2. 顎関節症やブラキシズムの改善をする。
3. 歯冠修復後や矯正治療後の咬合の安定を図る。
4. 食片圧入の軽減をする。
5. 矯正治療を障害する早期接触を取り除く。

■ 歯冠形態修整
歯周組織の支持力が低下し、早期接触を取り除いても生理的な咬合力が二次性咬合性外傷を引き起こす場合、歯冠を削合して、咬合力の負担を軽減し、二次性咬合性外傷を軽減する治療法です。
側方圧のかかる部分や、広い面接触の部分を削合することにより、咬合力を軽減します。

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

2012年5月12日 土曜日

毛先を使うブラッシング方法 天白区コンドウ歯科

ブラッシングの方法は、主なものは十数種類あるが、いずれも長所と短所を持っています。したがってその方に一番適切な方法で歯みがきを覚えて頂くとよいでしょう。

毛先を使うブラッシング方法の特徴
1. 毛先を使うため、プラーク(歯垢)の除去効果が高い。
2. 歯頚部の歯の摩耗により楔状欠損を起こしやすい。
3. 軽く歯肉に当てれば、歯肉のマッサージ効果も得られる。

歯ブラシの毛先を使うブラッシング方法
1. スクラビング法 毛先を歯の表面に垂直に当て、前後水平方向に小刻みに動かす。
2. 横磨き 横に動かして磨く方法。
3. 縦磨き 毛先を歯の表面に直角に当て、垂直の方向に動かす。
4. バス法 軟毛を用い、毛束を歯の長軸に対し45°に当て、毛先が歯肉溝や歯間部に入るように磨く。
5. フォーンズ法 上下の歯を咬み合わせ、毛先を歯面に直角に当て、大きな円を描くように上下一度に磨く。

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ