perio Blog

2014年2月24日 月曜日

炎症と咬合性外傷の合併による歯周組織破壊

重度歯周炎の多くは、早期接触や側方圧による一次性咬合性外傷と、歯周組織の支持力低下による二次性咬合外傷が混在しています。
1. 歯周炎のみで外傷性咬合が加わっていない場合
炎症は歯槽骨頂に及び、歯肉線維は消失しています。骨吸収はゆっくりと進みます。(水平性骨吸収)
2. 歯周炎の歯に外傷性咬合が加わった場合
歯周炎と外傷性咬合が合併している場合は、症状が強く表れます。
炎症が歯根膜や歯槽骨頂に及んでいる歯に外傷性咬合が加わり、咬合性外傷を生じ歯根膜や骨に変性壊死が生じると、
炎症はその部に向かって急速に進行し、深い骨縁下ポケットを伴う垂直性骨吸収を引き起こします。
特に骨頂部の歯肉線維の消失の有無が重要な分かれ目と思われます。

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

2014年2月17日 月曜日

インプラント周囲の付着角化粘膜の獲得

天然歯周囲で歯槽骨に付着している付着角化歯肉は、歯が欠損した場合には歯肉と呼べないため、非可動性角化粘膜という呼び方になります。
天然歯では、清掃状態を良好に保てば、付着歯肉の有無は健康状態に影響しないと考えられています。
同様にインプラント周囲においても、非可動性角化粘膜がなくても清掃状態が良ければ長期にわたって健康を維持できる事が報告されています。
しかし、インプラント周囲の清掃を容易にするためには、非可動性角化粘膜が是非とも必要との考えもあり、意見の統一は見られない。
日常臨床においては、一次手術においても二次手術においても、インプラント周囲の非可動性粘膜を極力保存する配慮をします。
二次手術時に、非可動性角化歯肉の狭い症例ではこれを歯根側へと移動したり側方に移動して広くする手術も行われます。
さらに周囲に十分な角化粘膜の供給がない場合には、口蓋から歯肉を採取して遊離歯肉移植術を行います。

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

2014年2月 3日 月曜日

歯周外科治療後には、メインテナンスが大事

歯周外科の成績は、術後の管理の良否が大きく影響します。
特にプラークコントロールの徹底と、噛みあわせの管理(咬合性外傷の除去)が大切です。
歯周外科手術直後の注意事項
・ 手術後は、縫合や歯周パックの部位のブラッシングは避けます。
・ 逆に、手術を行わない部位のブラッシングは、手術後から十分に行います。
・ 投薬やうがいについては、指示どおりに行います。
・ 術後の腫れや痛み、出血は多少ありますが、程度が酷ければすぐにご連絡をください。
術後の長期メインテナンス
・ 通常1週間から2週間程度で抜糸やパック除去を行います。
・ その後は、非常に軟かい手術後用の歯ブラシから磨き始めます。
・ 最初は歯肉が軟かいので、力を入れず丁寧に磨きます。
・ 日数がたって来れば、普通のブラシに戻すことが出来ますので衛生士の指導を受けたように磨きます。
・ 歯周再生療法(エムドゲイン、GTR法)を受けた場合はやや長く、抜糸まで2週間はかかります。
・ 3~4週間で普通の硬さのブラシに戻すことが出来、歯間ブラシなども併用して磨きます。
・ その後は、通常のメインテナンス処置に移行します。

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ