perio Blog

2014年5月19日 月曜日

咬合性外傷による歯周組織の変化 名古屋コンドウ歯科

咬合性外傷は、過度の咬合力によってと繰り返される組織の牽引や圧迫に伴う歯根膜の物理的損傷や
循環障害に由来する退行性病変です。
すなわち、歯周組織の変性や壊死が起こってくるのです。
圧迫側における歯周組織の変化
歯周組織加わる力がその適応力を超えている場合には、歯根膜腔が圧迫されます。
狭くなった歯根膜腔の血管には循環障害が起こってきます。
さらに力が強い場合には、破骨細胞が現れて、圧迫部に破骨の吸収が起こってきます。
牽引側の変化
咬合力が歯周組織の適応力を超えた場合には、牽引側の歯根膜線維は伸展され、
歯根膜腔は拡大され歯槽骨面には骨の新生が見られます。
さらに牽引する力が強い場合には、歯根膜線維は伸展し硝子様変性を起こし、
循環障害(出血や血栓形成)を伴うこともあります。
歯根膜線維がさらに進展されると、断裂したり、セメント質が剥離、歯槽骨の吸収も見られます。

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

2014年5月12日 月曜日

歯周病と関連ある全身疾患 名古屋 コンドウ歯科

歯周組織の抵抗を弱め、歯周病の進行を促進するような全身性因子、
特にプラーク細菌に対する感染防御力を低下させる因子が問題となります。
それは、歯周基本治療や歯周外科治療における妨げとなります。
歯周病のリスクファクターとなる全身状態、全身性修飾因子
不可変なリスクファクター
パピヨン-ルフェーブル症候群、ダウン症
可変的リスクファクター
糖尿病、血液疾患、ホルモンバランスの崩れ、骨粗鬆症など、
薬物副作用、栄養不良、喫煙(タール、ニコチン)、
ストレス(過度の仕事、社会的・精神的境遇)
歯周病がリスクファクターとなる全身疾患
糖尿病、心臓血管疾患、脳虚血疾患、誤嚥性肺炎、早期低体重児出産、
骨粗鬆症、掌蹠膿胞症、バージャー病、メタボリックシンドロームなど

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

2014年5月 6日 火曜日

歯肉退縮の原因 名古屋 コンドウ歯科

歯肉退縮すると、審美的に見た目が悪くなるばかりか、歯茎の位置が不揃いとなりプラークコントロールもうまくいかなくなります。
歯肉が退縮した時の症状
1. 楔状欠損がみられる。
2. 知覚過敏の症状がみられる。
3. 根面カリエスになる。
4. 歯頚線が不揃いとなり審美的に悪くなる。
5. 歯周病で歯槽骨が吸収された場合に多く見られる。
6. 修復物のマージンが露出する。
歯肉退縮の原因
1. 付着歯肉の不足
可動粘膜である歯槽粘膜に引っ張られて歯肉が退縮しやすい。
2. 小帯の高位付着
小帯に引っ張られやすい。
3. 歯牙の位置異常
唇側部に歯の位置があると内部の歯槽骨、歯肉の圧のが不足する。
4. プラークによる炎症
歯周組織の炎症により、歯槽骨の吸収とそれに伴う歯肉の退縮がみられる。
5. 不適切なブラッシング
ブラシの当て方、強いブラシ圧、歯磨剤の付け過ぎなどの不適切な磨き方が原因する。
6. 成人矯正
歯の移動に伴う歯槽骨の吸収、新生がうまくいかず、吸収の方が勝ってしまう。

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ