perio Blog

2017年2月27日 月曜日

奥歯の根元が腫れた

奥歯の根元が腫れる原因は、
1. 虫歯がひどく神経が以前取られていて根元に感染を起こした場合(感染根管
2. 根元の間の根分岐部病変が出来、それが原因で腫れた場合
3. 歯周病急性発作で歯茎が腫れた場合
などが考えられます。
いずれの場合も、放置せずしっかり治療を行う必要があります。
1の感染根管の場合には、根管治療をします。
2の根分岐部病変は、腫れを繰り返すことが多く、難しい治療とされます。
3の歯周病急性発作は、慢性的な経過をたどる歯周病の症状が、一気に表に出る状態です。
歯の動揺と痛みを伴うことが多く、中程度以上の歯周病の場合にみられることがあります。
咬合調整や投薬で急性症状を抑えてから本格的に歯周病治療をします。

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

2017年2月20日 月曜日

歯周病の外科治療とは?

スケーリングや歯磨き指導を受けるなど一連の歯周病の治療は済んだのですが、
なぜだか歯茎がしっくりきません。
まだ、歯周ポケットが深く、中等度から重度の歯周病だと言われている様な場合、
歯周外科治療を勧められることがあります。
歯周外科をを必要とするケース
1. 歯周基本治療(原因除去療法)をしても、重度のために症状の改善が十分でない場合。
2. 歯周ポケットが深くスケーリングのみでは深部まで清掃できない場合。
3. 垂直性と言われる歯の周りの歯槽骨の吸収が見られる場合。
4. 付着歯肉と言われる骨にくっついてる丈夫な歯肉が失われている場合。
5. 歯の付け根のラインがデコボコして歯ブラシで清掃が非常に困難な場合。
どのような手術?
歯周外科手術は、歯肉剥離掻爬手術(フラップオペ)のことです。
1. 歯の周りのセメント質に付着している歯石、歯周病菌の毒素を取り除き、
炎症を起こしている歯肉内部の病的歯肉(不良肉芽)も除去します。
2. ケースによっては、歯周再生療法の薬、骨補填、GTR膜なども用います。
3. 骨整形や歯肉移植が必要なこともあります。
4. そして、ポケットが浅く、清掃性の良い丈夫な歯肉へと改善します。

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

2017年2月13日 月曜日

歯磨きが出来ている状態とは

日常、歯を磨くのは、誰しも行っています。
しかし「磨いている事」と「磨けていること」とは違いがあります。
■ 歯磨きの目的
1. 虫歯や歯周病を予防する。
2. 口臭を防止する。
3. 歯を白く保ちたい。
4. 食べかすを取り、すっきりさせたい。
などがあります。
■ 歯科医師の言う「磨けていること」とは?
一番目に挙げてある「虫歯や歯周病を予防をする」には、
プラーク(歯垢)を取り除くことです。
プラークは細菌の塊なので、これを取り除けば、口臭も防げます。
まんべんなく歯磨きを行い、磨き残しのないように、
歯や歯茎の清潔をキープすることが大切です。
歯ブラシを当てて磨いているたけではなく、
きちっとプラークを除去出来て磨けている事を目指します。

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

2017年2月 6日 月曜日

歯茎の腫れを繰り返す根分岐部病変

根分岐部病変は、奥歯の副根歯の根の間にできた病変のことです。
歯周病が進行して根の間の骨が溶けてできた部分に病変を作ります。
繰り返し炎症を起こし、予後が不良のケースをよく見かけます。
どうして炎症が繰り返されるか?
1. ブラシなどが届かず、清掃が上手くできないため、歯周病菌がその部で増殖します。
2. 解剖的にエナメル突起が発達して歯肉の付着が弱いケースもあります。
3. いったん歯の間の骨が溶けると再生が難しくなります。
などの理由があります。
治療方法は?
分岐部病変の程度や歯周組織の状態により治療方法が選択されます。
1. GTR法などによる歯周再生治療
 フラップオペの時メンブレンを挿入して歯周組織の再生を図ります。
2. トンネリング法
 歯間ブラシで清掃できるように根分岐部を貫通させます。
3. 歯根分割法
 根を分けることにより清掃できるようにします。
4. .解剖学的形態の修正
 エナメル突起除去、清掃できる携帯に修正するなどがあります。

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ