ホーム > 歯周病(歯槽膿漏)とは

歯周病(歯槽膿漏)とは

歯周病(歯槽膿漏)とは

・日本人の成人のうち、5人に4人(約80%)以上が歯周病! ・歯周病は歯を失う最大の原因!!  ・自覚症状のない(気がつかない)うちに進行する病気


歯周病は、歯の周りの歯茎(歯肉)や、歯を支える骨などが破壊される病気です。

プラーク(歯垢)などが原因で発症し、初期・中期の歯周組織(歯肉・歯根膜・セメント質・歯槽骨などの歯を支えている土台)が破壊されて進行するまでは、痛みをあまり感じることがなく、歯周病の症状がどんどん進んでしまいます。痛みや腫れが出てくるのは末期になってからです。そこに歯周病の一番の恐さがあります。

歯垢の1mgの中には、およそ2億の細菌がいるといわれます。そのうちの歯周病菌が原因で歯肉に炎症をひき起こし、歯槽骨を溶かしてしまい、歯周病(歯槽膿漏)になります。

そのため、日頃のブラッシングや早めの予防・検査・治療を心がけてください。

歯茎(はぐき)の模式図

正常な歯と歯周組織、進行する歯周病のイメージ図です。歯周組織とは、歯肉・歯槽骨・歯根膜線維・歯根のセメント質などの歯の周りの組織を指します。

歯の表に見えている部分は、エナメル質という硬い組織で歯冠部(しかんぶ)と言います。中に隠れた歯根の部分はセメント質という層で、周囲の歯槽骨(しそうこつ)と、しっかりした歯根膜線維(しこんまくせんい)でくっついています。
ところが、歯周病が進行すると、歯肉の炎症が奥まで進み、歯から歯肉がはがれ、深い歯周ポケットを作ります。中には、歯石・歯垢(プラーク)がたまってきます。さらに、歯槽骨が破壊され、歯根膜線維もズタズタになり歯がグラグラしてきます。

歯周病ってどうっやったら治るの?

歯周病は、ホームケアとプロフェッショナルケアの両者が上手くいくと、進行を阻止し、健康を取り戻すことができます。
まず、歯周病の原因となるプラーク(歯垢)を取り除くことが一番肝心です。

STEP1.予防

正しいブラッシングを身につけ、毎日実行します。(ホームケア)
そして、歯科医院での治療を行います。(プロフェッショナルケア)

STEP 2.歯垢・歯石除去と歯周内科治療

歯肉の奥まで入り込んだ歯垢・歯石を取り除き清潔にして、歯根面を滑沢にします。
歯周病菌の集団であるバイオフィルムを破壊するのです。
その他、歯周病の原因となる噛み合わせを始め、種々の因子を出来る限り取り除きます。
(薬などを用いた歯周内科との組み合わせも可能)

STEP 3.歯周外科治療

重症で上記だけでは治らない場合、歯周ポケットをなくす手術(歯周外科・EMD法やGTR法による歯周再生療法など)を行います。

STEP 4.メインテナンス

歯の健康を維持するため、歯科衛生士による専門的な歯のクリーニング「PMTC」を受け、メインテナンスを定期的にされると良いでしょう。


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ