ホーム > 歯周再生治療

歯周再生治療

最新の歯周組織再生治療があなたの歯を救う

歯周病が進行すると、歯を支える土台の骨(歯槽骨)が溶けてなくなり、歯周組織が破壊され歯がぐらぐらしてきます。

そして一般的な歯周治療では、ポケットを除去し歯周病の進行を阻止するのが精一杯で、一度失なった歯周組織を取り戻すことはできません。

しかし、当院では以下のような治療を行うことで、一度失った歯周組織を再生することが期待でき、歯周病の歯を救える可能性が出てきました。歯周再生療法には、エムドゲイン、GTR、骨移植などの方法があります。歯周再生療法が適応可能かどうか、まずはご相談ください。

EMD法(エムドゲインを用いた再生治療)保険適応外

歯の生成時に働くたんぱく質の抽出薬であるエムドゲイン・ゲルを手術時に歯の根に塗布することにより、一度失った歯周組織の再生が期待出来ます。

〈生化学工業株式会社提供〉

GTR法(メンブレンを用いた再生治療) Guided Tissue Regeneration

フラップ手術と同様の術式後、メンブレン(膜)を挿入することにより歯周病の炎症により破壊された骨・セメント質などの歯周組織を再生させ、喪失した付着の回復をはかる治療法です。

健康な歯には、歯とその周りの骨を結び付けている線維(歯根膜)があります。
従来の治療法は、歯周ポケットを減少させることがメインの治療でした。しかし、これでは歯の支持組織は回復しません。さらに、歯肉の位置が低くなり、歯根が従来より多く露出してしまう場合もありました。

症例1:GTR法

before

矢印の歯の根の間に、病巣が作られ、骨が溶かされています。

歯周外科の治療中(フラップオペ・GTR法)

after

歯周治療の術後経過です。
矢印の部分に骨が出来たことに注目!

症例2:歯肉移植術(結合組織移植術)

before

矢印部は歯肉のボリュームが不足しています。
その部分に上顎(うわあご)の口蓋部から歯肉(結合組織)を移植します。

after

さらに、かぶせ物(オールセラミックス)を装着することで、他の天然歯と見間違えるほど自然な状態になりました。


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ