ホーム > マイクロスコープ(超精密治療) > マイクロスコープの根管治療

マイクロスコープの根管治療

根管治療とは

歯の根の治療(根管治療)とは、深い虫歯などで歯の神経を取ったあと、神経が入っていた根管をきれいにして(ラバーダム防湿なども用いる)、根の先まで薬を入れる処置のことです。
コンドウ歯科では、歯の根の治療を下記のようにして行います。特に(4)の根管治療が重要で、根管充填が終了するまでの過程を丁寧に行います。

  1. 見える範囲の虫歯を削る。
  2. 顕微鏡で確認しながら細菌に汚染された神経管(φ0.3mm)を丁寧に取り除く。
  3. 消毒液を注入して根管の中を徹底的に消毒する。
  4. 根管充填終了! ※根の先端まできっちりお薬を入れることが大切です。

マイクロスコープによる根管治療

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡治療)を使用する最大のメリットは、精密な診査・診断ができることです。
  
歯の根管は、神経が通っている管で、木の枝別れのように複雑な形態になっています。一人ひとり、またその歯ごとに個性があるように、それぞれ別の形態になっているのです。例えば、大臼歯と呼ばれる奥歯の根っこの入り口は、3つあることが多いのですが、歯によっては、4つ、5つ見つかることもあるのです。

マイクロスコープは、そのような歯の根の治療(歯内療法、根管治療)に絶大な歯科技術力を発揮します。

マイクロスコープによる根管治療

日本国内の神経治療は、4割が再治療・抜歯になってしまっている現実があります。当院では、歯の中で問題となる感染物質を20倍の顕微鏡を使用して綺麗に取り除き、徹底的な消毒をした後にきっちりお薬を詰めることで、飛躍的に治療結果を向上させました。

外科的に膿の袋を削除する治療です。顕微鏡を見ながら、病変付近の薄い骨・膿の袋を除去します。


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ