ホーム > 予防・メインテナンス

予防・メインテナンス

予防・メインテナンス

当院では、歯周病を防ぐための予防歯科と、治療後のメインテナンスにより、健康なお口を保ち、さらに健康増進する事を目指しています。

歯周病からくる歯の痛み、歯肉炎、歯槽膿漏、歯周炎、口臭、歯肉からの出血、歯肉の腫れ、歯根の露出、歯のぐらつきなどがないように、お口の健康管理を重視して行っています。主に、プラークコントロールやPMTC、ブラッシング指導などを行います。

プラークコントロール

歯周病や虫歯の原因はプラーク(歯垢)と呼ばれる、細菌の塊です。この歯垢1mg中に、2~3億個の細菌がいると言われています。この細菌が集団となり、そこから出る分泌物に覆われて、歯に強固に付着して細菌バイオフィルムになります。このバイオフィルムを作らないためには、毎日のブラッシングが大切になります。歯と歯の間のプラークコントロールには、デンタルフロスや歯間ブラシの併用をおすすめします。

歯科医院での歯のクリーニング(PMTC)

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、プロによる歯のクリーニング治療です。歯科医院で、バイオフィルム(歯垢の細菌集団)の除去・清掃をする、ことを意味します。

具体的には、歯の汚れた部分に専門の器械や特殊な高圧の塩をスプレーすることにより、容易に短時間で歯を綺麗にします。当院では、3種類のスプレー剤を用意して汚れに対応しています。また、専用のPMTCコーン、カップ、ブラシなどで歯を磨きあげます。さらに、特殊ジェルで歯質の強化、歯肉の保護もできます。
ホワイトニングをしたのと見間違えるほど、PMTCだけでも綺麗で美しい歯になります。また、強い薬剤を用いないため、ホワイトニングのようにしみたり、歯や歯茎を傷めたりもしません。

つるつるで気持ちの良い歯を是非ご体験下さい。

 PMTCの症例(プロによるバイオフィルムの除去)

ブラッシングの方法

当院では、歯科衛生士によるブラッシング指導に力を入れております。

簡単にできる正しい歯磨き(ブラッシング)方法
  • 歯ブラシは、ペングリップ(鉛筆もち)で持ちます。
  • ブラッシングの際は、奥歯から一本ずつ・・・といったように磨く順番を決めます。
  • 歯と歯肉の境目に歯ブラシの毛先を当て軽し圧接し、毛先を細かく振動させて力を入れないようにゆっくりと磨きます。
  • 咬み合わせの部分は、かき出すようにして磨きます。
  • 前歯の裏側、歯並びの悪いところなどは、歯ブラシを立てて磨きます。
  • 歯ブラシは、乾燥した場所に保管します。ブラシの毛が広がったら早目に交換します。
間ブラシをやってみましょう
  • 歯と歯の間の隙間の大きさにより、ワンランク小さめのサイズの歯間ブラシを選びます。
  • 歯肉を傷つけないよう挿入方向に気をつけて、歯間ブラシを歯と歯の間の隙間に入れます。すなわち、上の歯はやや下向き、下の歯はやや上向きに挿入します。※入らないところは無理に入れないでください。
  • 挿入したら、歯間ブラシを歯の面に沿わせながら動かし、歯と歯肉の境目まで清掃します。
  • 歯間ブラシの毛の部分に汚れが付着したら、その都度洗い流してから使用します。
  • 使用後は歯ブラシと同様に、乾燥した場所に保管します。使用していると、先の針金の部分が飛び出してきます。そうなる前に早目に交換します。


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ